SuvObj Export

 

まずは、画像ファイルをインポートします。インポートしたいファイルを選択し、ウインドウ内にドラッグ&ドロップするとインポートできます。

suvObj_01.png

次は、ファイルのフォーマットを設定します。そのために、Explorerメニューの中でExport Settingsを選択し、Mesh Formatをクリックします。その中でJSONフォーマットを選択し、設定します。

suvObj_02.png

次に、エクスポートパスを設定します。そのために、Explorer Settingsを選択し、その中からAtlas Listを選び、exportAtlasをクリックします。Output Pathのところでファイルを格納されたいディレクトリを設定します。

次に、エクスポートフォーマットとディレクトリを設定します。まず、Export Settingsをクリックし、Mesh Export Group > Mesh Export optionsを選択します。Export FormatとしてJSONを設定し、Output Pathに格納されたいディレクトリを選びます。

  As single file : ON  -  メッシュずつ代わりにExport groupずつによってファイルを作成

As single file : ON -  メッシュずつ代わりにExport groupずつによってファイルを作成

最後に、ビルドをクリックすると、新規suvobjファイルは設定されたディレクトリに作成されます。

SuvObjフォーマットの詳細

{
    “app” : {                    // ソフトウエア詳細
        “name”:  string,         // アプリ名
        “var” :  string          // アプリバージョン
    },

    “mat”: {                     // マテリアル詳細                
        “id”: string,            // suvファイルのid
        “name”: string,          // マテリアル名
        “texFiles”: string[]     // テクスチャファイル名のリスト
     },

    “mesh”: {                    // メッシュ詳細
        “Id”: string,            // suvファイルにid
        “name”: string,          // メッシュ名
        “pos”:{                  // メッシュ位置
             “x”: float,
             “y”: float,
             “z”: float,
         },

        “rot”: float,            // オイラー角での回転
        “tri”: int[],            // 三角の頂点インデックス
        “uv”: float[],           // uv頂点 X , Y , X , Y ...
        “v2”: float[]            // 頂点の位置 X, Y, X, Y ...
    },

    “ver”: int                   // ファイルフォーマットバージョン
}

ScriptedImporterとUnity2018用のCanvas scriptsの例文などは、githubレポジトリでご利用いただけます